毎日リナはNIKKEI新聞を読みます。

株式投資は得意分野を生かすだけではない。経済に関する知識が増すといった効果もありますね。

リナは毎日NIKKEI新聞を読むようになりました。

ちょっと難しい話ですが、株価は『マクロ要因』と『ミクロ要因』で変動をします。

株式投資をおこなっていくためには、この『マクロ要因』と『ミクロ要因』とは何かを知っておく必要があります。

『マクロ要因』とは景気や金利、為替、国内情勢、国際情勢、天候などをさす。例えば、よく選挙の

前後で大きく株価が下がることがあるが、それは政権交代などの動きがあると、公共工事などの

さまざまな分野で影響がでるため、株式市場が反応することがあるため??。

『ミクロ要因』とは会社の業績や経営戦略、技術力などをさす。これらを総合的に判断して、

この会社が今後も成長すると判断できれば株価は上がります。しかし今後の成長に関して悲観的

な見方ができると判断する投資家が増えてくると、株価は下がってくることになります。

株式投資をはじめると、これらの理解と関心が深まり、経済をはじめとする世の中の動きに非常に

敏感になってくる。新聞もスポーツ欄だけではなく、社会面や経済面、株式欄なども見るようになり、

その意味が分かってくる。街を歩いているだけで、さまざまな情報を自然と収集するようになる。

株式投資を通して、社会人としての素養を持つ人間に成長したいです。頑張りましょう。

 

 

 


 

posted by 愛沢リナ at 18:44 | Comment(8) | TrackBack(0) | TENG

世界株式投資 資産分散重要ですね。

現在、日本の投資家の目は世界に向いています。
それは、株式取引をするにあたって、日本よりも魅力的な国がたくさんあるからです。
アメリカ、中国、インド、タイなど様々な国で株式取引を始める日本人投資家たち。
日本の株式取引とは違うおもしろさが見え隠れしますが、ちょっと敷居が高い感じもします。

 世界の株式市場へ乗り出すのに腰が引けるなら、投資信託はいかがでしょう。
最近では日本の株式はもちろん、世界の株式を扱ったものも豊富にあります。
経済の成長が緩やかになってしまった日本よりも、金利の高い国はたくさんあります。
経済的に成長している国の株式を、投資信託で買うのです。

 登場以来注目を集め続けている世界株式ファンド。
専門家が投資先を判断し、しっかりとあなたの資産を運用してくれます。
面倒な情報収集はすべてファンドマネージャーにおまかせ。世界の株式に対する知識がなくても大丈夫です。

 預貯金よりもリターンが見込め、個人で株式投資をするよりもリスクを抑えられるのが投資信託。
ハイリスクなイメージのある世界株式ファンドも同様です。
投資する国や通貨などを集中させないバランスファンドはリスク分散にはもってこい。
投資信託で世界の株式が身近なものになります。

リナはアメリカ・中国の株式も持っています。

 

posted by 愛沢リナ at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | TENG

デートレード大好き!

デイトレードの普及により、パソコンと株式取引は切っても切り離せないものになりました。
1秒の遅れが明暗を分けるデイトレードでは、情報の新鮮さが命。
リアルタイムでの情報収集という意味では、パソコンにまさるツールはありません。
マルチウィンドウなどに対応した、デイトレード向けのパソコンも販売されています。

 株式取引を便利にしてくれるソフトウェエアも続々登場。
株価を分析・予想するもの、売買のシミュレーションをするもの、
自動で株を売買してくれるものまであります。
上記のソフトウェアとは趣が違いますが、
DSで遊びながら株を学べるゲームソフトもおもしろそうです。

 いま一番注目を集めているのが、自動で株を売買してくれるソフトウェア。
基本的な設定をするだけで、銘柄のピックアップから売買までパソコンがやってくれます。
いくら情報があふれていても、すべてに目を通すことは、人間には不可能。
その部分をパソコンがしてくれるのですから、さらに株式取引が楽になりますね。

posted by 愛沢リナ at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | TENG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。